Show MenuHide Menu

Archives

2015年8月
« 7月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

生理痛の原因と対策を考えてみましょう

2015年8月6日   

健康な女性でしたら、毎月訪れる生理。
しかしその度に、生理痛に悩まされている方も少なくありません。
生理痛の主な原因と病気の可能性、そして生理痛への対策を考えてみましょう。

まず、生理痛の原因です。
一つは「プロスタグランジン」と言うホルモンの影響が考えられます。
プロスタグランジンは生理の時に子宮を収縮させ、剥がれた子宮内膜と血液(経血)を排出する役割を持っています。
しかしこのプロスタグランジンが過剰に分泌されると痛みが強くなってしまうのです。

また、体の冷えも生理痛ひどい原因となりますが、冷えることにより血液の循環が悪くなり、プロスタグランジンが骨盤内に滞りがちになります。プロスタグランジンには子宮を収縮させるだけではなく、痛みを強める働きがあります。
そのため、頭痛や腰痛など、生理痛以外の不快な症状が出てしまうのです。

若い女性、出産経験のない女性に多いのが、「子宮の出口が狭い」という原因です。
剥がれた内膜と血液が狭い子宮口を通るため、痛みを感じるのです。

以上に挙げた三つの原因はホルモンや冷え等身体のことでした。しかしもう一つの原因はなんと「ストレス」なのです。
ストレスを感じることでホルモンや自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなります。
血行が悪くなることで体温調節の機能が低下し、先に述べた原因の原因となってしまうのです。

では、ホルモンやストレスで起きる生理痛を少しでも軽減するにはどうしたら良いのでしょうか。

まずホルモンの分泌を促すため、規則正しい生活を心がけてみましょう。早寝早起きをして太陽の光を浴びます。
体の冷えには、素足や締め付けの強い衣類、ガードル等は避けた方が良いでしょう。
リラックスできる服装で、暖かい飲み物を飲むのも良いですね。
ただし、カフェインは摂りすぎるとイライラや情緒不安に繋がることもあるので、飲み過ぎには注意してください。

甘い物もつい食べ過ぎてしまいがちですが、白砂糖と三温糖は体を冷やしてしまうので注意が必要です。
砂糖大根から作られる「てんさい糖」は体が冷えにくいので、そういったものへシフトする方も多いようです。

生理痛があまりにも痛い時は除いて、軽い運動は血行を良くしてくれます。無理の無い範囲で、軽いストレッチから始めてみましょう。

また、生理痛の影に病気が潜んでいる場合もあるので注意が必要です。

・生理不順
・月経の日数が短い、長い
・出血がだらだらと続く
・起き上がれない程に生理痛がひどい

このような場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気の可能性があります。
無理をせずに、早めに医療機関を受診するようにしてください。

女性にとって月経は、一生の約半分は付き合っていかなければならない大切なものです。
自分の体をよく知り、月経をよく知ることで「毎月の面倒なもの」ではなく、「ずっとお付き合いしていく大切なもの」という気持ちで毎回の生理を迎えられたら良いですね。