Show MenuHide Menu

Archives

2015年11月
« 8月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

良いTシャツの条件、満たすヤツありますよ

2015年11月27日   

日本人はTシャツ大好き!いや、アメリカ人のほうが好きかも?いやいやヨーロッパは?なんて考えていくと、たぶん全世界共通で好きなアイテム、Tシャツ。

毎年いっぱい買っちゃう人!実は1回して着てないTシャツ、あるんじゃないですか?勢いor値段で買ったはいいものの、合わせにくいカラーだったりデザインだったり。

そんなアナタ、今年は逆を行きましょう。

良いTシャツの条件、「デザイン」&「カラー」で、着るたびに嬉しくなるTシャツをチョイスしていきましょう。

鉄板のプリントT。

王道だからプリントとカラーが最高のものを!

Tシャツの中でも、たぶん一番多いカラー「ホワイト」。

白シャツや白パンと同じく、ちゃんとしている感があって清潔なイメージ。

そしてなにより合わせやすい!このプリントTはそんな王道カラー+3カラーのカラバリ展開。

色違いで買えるカラバリ展開なので、ホワイト+他のカラー、なんて組み合わせで今年のコーデのローテーション最重要アイテムになれます。

プリントも手書き風アニマルプリントで、ごちゃごちゃせずスッキリとまとまっています。

ボディ自体もしっかりとした生地感で、来年もまた着れそう。

そのころにはイイ感じのユーズド感が出て、さらにカッコよくなってますよ!

アンカーモチーフも1枚は押さえておきたい。

だって定番だから!

Tシャツのカラバリは多けりゃいいってもんじゃないです。

奇抜なカラーを買っても結局着なかったり…ってことになりかねないから。

一番着まわせるベーシック&淡いカラーは、今年絶対マストです。

それにアンカーモチーフのプリントをプラスしたら、今年のメインアイテムの完成!しかもこのアンカーモチーフ、ミリタリー感はゼロ。

手書き風でどこかデフォルメされたデザインなので、夏場にありがちな、「やばい!プリントが被った!」なんてことにもならずに済みます。

いいね!って言われるコーデは普遍的でオーソドックスなコーデの時が多いですよね。

そんなコーデの時、このTシャツを是非着ていてください。

アメカジライクに仕上げた、選びそうで選ばない柄を、ぜひ!

毎年、これ買おうかな!いや、自分はこんな趣旨の感じじゃないから。

そんな感じでプリント物って選んでませんか?確かに自分がROCK!って感じじゃないのにロックなTシャツ着てたら、なんだかちぐはぐ。

それって結局、自分の「良い」と思う条件を満たしていないだけなんです。

解決法がカンタン。

単純にカッコいい!着たい!に素直になればいいだけ。

これもピックアップワゴンのプリントで、アメカジライクなプリントですが、直感の「かっこいい!」に従って着れば良いだけ。

アメカジ苦手なんて気にする必要は全くないんです。

主張が強いプリントでありながら、まとまって見えるのは、デザインが洗練されているから。

しっかりしたボディなので着まわしもOK。

来年もまた着れるデザインなので、その時は40代ファッションメンズのユーズドライク感を楽しみましょう!

私自身!美容室や銀行の待ち時間の間くらいしか

2015年11月13日   

ファッション雑誌を読まないのですが、ファッション雑誌に載っているのと全く同じようなコーディネートをしている女性を見ると、正直ぞっとします。

「お前には自分の意思がないのか」と。

雑誌と同じコーディネートをすればまず間違いはありませんし、あれをきて、これを着て…と考える手間も省けていいことだらけだとは思うのですが、私は「本当にお前はそれでいいのか」とそのコーディネートの主に問いたくて仕方なくなります。

一度、全身雑誌と同じコーディネートばかりしている女性に皮肉を込めて「いつもオシャレで素敵ですね」と言った事がありまして、するとその女性は「本に載ってたのと同じ格好してるだけなんだけどね」と言うのです、私は「自覚してるんじゃん…!」と口から出そうになったのを必死で抑えました。

他人と同じ格好をしている事に安心感を覚えるのならばそれでもいいのかも知れませんが、世の中には折角これだけたくさんのお洋服があって、自分の好きなコーディネートをしても罰は当たらないはずなのに、何故敢えて雑誌に載っているのと同じような格好をするのか、私はとても理解に苦しみました。

雑誌と同じような格好をしたがる女性は元々、ファッションで自分自身を表現するという考えが毛頭ないのでしょう。

つまらない人間です。

私は、多少ダサくても、自分が本当に着たいと思っている洋服を着ている方と友達になりたいなと思いました。

誰かの真似ばかりして自分自身で考えることをやめ、つまらない格好をしている人間は中身もつまらないという事です。

ファッションというのは自分自身を表現するものであるということ、折角女性に生まれたのですから、数ある安カワ服の中から、自分自身を表現出来る洋服を着たいですよね。

私は今子供が小さいのでファッションで自己を表現云々言っている場合ではありませんが、そのうちまた子供に手がかからなくなったら、また自分の着たい服を着るタイミングを虎視眈々と狙っています。

ホルモンの関係性とお尻の黒ずみについて

2015年11月10日   

刺激や摩擦を出来るだけ少なくしてお尻の黒ずみ予防している人は多くいらっしゃいます。

しかし十分な予防をしていたとしてもできてしまう場合があり、どうして出来てしまうのかがかなり気になります。

ではなぜ十分な予防をしていたとしてもできてしまうのかというと、それはホルモンが大きく関係して黒ずみを発生させているからです。

お尻の黒ずみは、刺激や摩擦そして乾燥だけではありません。

実はホルモンバランスの影響によって黒ずみができてしまいます。

ホルモンバランスが崩れてしまいますと、メラノサイトを刺激してしまう場合があります。

メラノサイトを刺激するとメラニン色素が多く分泌されてしまうという特徴があるため、通常よりもメラニン色素が多い状態になります。

メラニン色素が十分に排出できれば良いけれども、量が多くなればなるほど十分排出できなくなります。

その結果色素沈着してしまうため黒ずみが発生します。

女性の場合、妊娠した時そして生理の時にホルモンバランスが変化してしまい崩れてしまう場合があります。

ホルモンバランスを整えることはかなり難しいので十分な予防ができるわけではありません。

しかしこの場合の黒ずみはバランスが良くなればメラニン色素の量も落ち着くようになり徐々にですが黒ずみがなくなっていきますので、そのまま放置していても解消できますので、ホルモンバランスによる黒ずみはそのままにしておいても大丈夫です。

ストレスでお尻の黒ずみができてしまう

黒ずみの原因の一つにホルモンバランスの影響があります。

妊娠している場合そして生理中の場合に発生しやすいのですが、実はストレスでもホルモンバランスの影響で黒ずみができてしまいます。

ではなぜストレスでお尻の黒ずみができてしまうのでしょうか。

ストレスは多少溜まっていたとしても問題ありません。

しかし過度に溜まってしまいますと、体のいろんな部分に悪影響を与えてしまうようになります。

食欲などにも影響しているのですが、実はホルモンにも影響を与えてしまいます。

良い方向に影響をあたえるのではなくて、かなり悪い方向に影響を与えてしまうため、かなり乱れている状態となります。

生理不順になるのもこの悪影響を与えているストレスが原因の一つです。

かなりバランスを崩してしまっているため、メラノサイトを刺激してしまう可能性が高いです。

そのため生理などよりもこのストレスによるお尻の黒ずみが出来る原因が発生しやすい状態となっています。

解消するためにも、まずはストレスを解消させる必要があります。

ストレス解消はその人にあっている方法が一番ですので、自分なりのストレス発散方法で解消して黒ずみの解消もしましょう。