Show MenuHide Menu

Archives

2017年4月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スッピン力を格上げ!忙しいママにもマツエク

2017年4月23日   

想像してみてください。

朝起きて鏡を見たら、あなたの目元がパッチリしていたら嬉しいですよね。

マツエクは、朝からマスカラをしなくてもアイライナーをひかなくてもパッチリした目元を実現できるのです。

今回は、マツエクをご紹介します。

マツエクってどんなもの?

マツエクは、まつげエクステンションの略です。

(以後、マツエクと書きますね)みなさん、つけまつげはご存知ですよね。

人工的に作られたまつげを専用の糊でまぶたに貼り付けるものです。

マツエクは、お店(サロン)でつけることができます。

スタッフは美容師師免許を持つ人です。

マツエクは、人工的に作られた一本一本の細かいまつげです。

ピンセットで、自分のまつげに専用の接着剤でつけてくれます。

希望の本数をつけることができます。

マツエクを長持ちさせるためのポイント

マツエクは、平均3~4週間程度でリペア(取れてしまったところを補う)が必要とされています。

最近は、長持ちするマツエクもでてきているようですが、より長くマツエクの形状を維持するためのポイントをご紹介します。

・クレンジングは、オイルフリーで クレンジングの油分は、マツエクの接着剤を分解する作用があります。

わからい方でも大丈夫!最近では、マツエクokと書かれたクレンジングがあります。

購入の際にチェックしてみましょう。

・こすらない、触らないうつぶせ寝をすると、まくらで擦れマツエクが取れてしまうことがあります。

また、花粉症で目がかゆい人は、目を擦ってしまいがちです。

花粉症のシーズンを避けてマツエクをつけるか、めがねで目を保護することをおすすめします。

・まつげ専用コームで整える時間がたつと、マツエク同士が絡まったり、カールが取れてしまいます。

見た目も悪く、結局更に上からマスカラやアイラインを引いてしまいがちです。

まつげ専用のコームで毛先からやさしくとかしましょう。

マツエクの絡まり防止になります。

・自まつげのケアマツエクは、自まつげにくっつけて長く綺麗な目元にします。

自まつげが弱っていると、すぐに抜けてしまったり、自まつげが少なくなってしまいます。

すると、次回のリペアで希望の本数がつけられないことがあります。

実際につけた体験談

私自身、マツエクを4年ほどつけていました。

自まつげ負担を考え、途中1年はやめていました。

各お店によって、素材やカールのデザインはさまざまです。

便利なマツエクですが維持しようと思うと安くはありません。

お店選びは、口コミをチェックしていくといいでしょう。

マツエクの持ちのよさやデザインは、口コミが参考になります。

マツエクの太さの選び方は、自まつげのようにみせたいか、大きくクッキリみせたいかで選びましょう。

自まつげのように自然にみせたいいのなら、細く、本数は多めにつけるのがおススメです。

1本が太くなればよりくっきりした印象の目元になれます。

マツエクをつければ、スッピンでも目元がはっきりしているためすっぴんに見えにくいです。

まつげもカールされると横顔美人の効果もあります。

メイク時間を短縮したい沖縄在住のママにはマツエク北谷浜川がおすすめです。