Show MenuHide Menu

オーガニックコスメってどんなもの?

2016年3月28日

「オーガニックコスメ」と言えば、自然の物を使っていて、肌に優しいイメージがありますよね。

敏感肌だから、オーガニックなら安心だとか、自分の周りに使っている知り合いがいて、肌が綺麗になったとか聞くと、なんとなく肌に良いように思えてきます。

「オーガニックコスメ」は、実際どんなものなのか?また本当に肌に良いのか?調べてみました。

オーガニックコスメとは

「オーガニックコスメ」は、無農薬で育てられた有機素材で作られています。

その素材そのものの効能も勿論ですが、私達が持っている自然治癒力を高めてくれます。

即効性はないですが、継続的に使っていれば、肌本来の力を取り戻す事が期待できるのだそうです。

化学物質が含まれていないため、お肌に優しく、敏感肌の人やアトピー等の肌が荒れやすい方でも安心して使用する事が出来ます。

最近は、自然派化粧品等も多く出回るようになっていますが、無添加、天然由来と書いてあるからといって、必ずしもオーガニックであるとは限りません。

無添加化粧品は、人工添加物が含まれていない化粧品で、天然由来とは、天然の素材を使っている化粧品の事です。

これらは化学合成成分が使われていない様に思えますが、実際は化学合成成分が含まれています。

とは言え化学合成成分を抑えてあるので、肌に良くないというわけではありません。

どんなオーガニックコスメが良いのか

「オーガニックコスメ」であれば、どんなものでも良いのでしょうか?いいえ、オーガニックといえども、人によっては合っていない物もあるので、選ぶ際に注意が必要です。

食べ物にアレルギーがあるのと同じで、肌にもアレルギーはあります。

オーガニックや天然素材を使っているからと言って、肌が荒れない訳ではないのです。

使用する前に自分にあっているかどうか、まずはパッチテスト等をして見てから使用しましょう。

前述しましたが、オーガニックには即効性はありません。

今すぐ荒れた肌をなんとかしたいと思って使っても、すぐに効果はあらわれないでしょう。

継続的に続けることがポイントなので、即効性を求める場合は、別の方法を選んだほうが良いです。

日本ではオーガニックの食品についての基準はあっても、コスメに関してははっきりとした基準を設けていません。

ですので、その化粧品に使われているどれか一つだけでもオーガニック成分であれば、オーガニックと表示することが出来るのです。

国内産のオーガニックの商品を選ぶのが難しい場合は、海外のオーガニック認証機関の認証を得ている海外の商品を選ぶのが簡単でしょう。

海外のには沢山のオーガニック認証機関があります。

国内産の物にこだわりたい方は、その商品の説明文を読んでみて、納得出来るものを選ぶのが良いのではないでしょうか。

「オーガニックコスメ」についてどうでしたか?オーガニックだからといって、全ての人に向いているというわけではなかったですね。

使用する際もいくつか注意点もあるので、もしオーガニックに興味があるのなら、注意点に気をつけて選んでみてください。

また、オーガニック化粧水は、一般の商品と違い防腐剤等を使用していません。

開封してから長時間ほったらかしにすれば、傷んでしまいます。

開封後は一ヶ月以内には使いきるのがお勧めです。