Show MenuHide Menu

こんな時に便利!マンスリーマンションの賢い使い方と注意点

2015年12月22日

マンスリーマンションは賃貸に比べて短期間の滞在が可能というのがメリットではありますが、そのメリットはマイホームを持っている人やこれから持つ人が感じます。

マイホームに住めない時に便利という観点から、マンスリーマンションを紹介していきましょう。

マンスリーマンションは、ルールを守らないとすぐ退去させる事もできる

マイホームとマンスリーマンションの関係を紹介する前に、マンスリーマンションのルールについて少し紹介しましょう。

マンスリーマンションは家具家電付きで、賃貸マンションに毛が生えたようなものですよね。

実際に、マンスリーは賃貸のように部屋を借りて生活するスペースです。

しかし、法律上は賃貸マンションとマンスリーマンションは違うくくりになっています。

賃貸マンションでは、家賃の支払いが遅れていたり他の居住者に迷惑がかかっても、なかなかその住人を退去させる事ができません。

家賃未払いで大家さんが住人の部屋をノックするシーンは、映画でもありがちですよね。

大家さんがわざわざノックして催促しても、住人は言い逃れをして支払い期限を伸ばす事もできます。

しかしマンスリーマンションの場合は、仮住まいという理由で賃貸マンションとは違う住まいになります。

そのため、家賃滞納や迷惑行為があればすぐに住人を追い出す事もできるのです。

すぐに住人を追い出したら運営会社も儲からないので、甘く見てくれる可能性はありますが、退去させるかどうかの裁量は運営会社次第です。

そのため、追い出されないようにするためにはルールを守らないといけないのです。

自宅をリフォームしている時に

では実際にどんな時にマンスリーマンションを借りれば便利かというと、自宅をリフォームしているなど自宅に住めない時です。

リビングの床をリフォームしたり、大規模なリノベーションをした時は自宅で工事をしますよね。

お風呂が使えないという場合もあります。

そんな時はマンスリーマンションに住めば一通りの生活ができます。

マイホームを持つ前の仮住まいに

またらマイホームをこれから持つという人にもマンスリーマンションは便利です。

賃貸マンションからマイホームに引っ越しするとなると、賃貸マンションの契約更新とマイホームの引き渡しが必ずしもタイミング良くいくとは限りませんよね。

マンションの契約更新日は1月なのに、マイホームの完成予定は3月となると、その間の期間を埋めるためにマンスリーマンションを利用すると便利でしょう。

そうすれば、賃貸マンションの更新料を払う必要がありません。

また、マイホームの納期が遅れてしまってもマンスリーマンションならば月単位で契約を更新してくれるため、余分な家賃が発生しません。

そのため、納期の変更があってもどんと身構えていられます。

沖縄県マンスリーマンションは出張や上京だけでなく、マイホームやリフォームなどの家族揃っての都合にも便利なのです。